2010年07月05日

ウインブルドン最終日

遂に終わってしまいました・・・今年のウインブルドン。
いや〜今回は色んな事があったなぁ(遠い目
とか言いながら更新はしてなかったケド・・・



<男子シングルス決勝>
トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)VSラファエル・ナダル(スペイン)

仕事が残業になって、帰ってきたら第1セット終わったとこでした。
くそぅ、定時に帰れたらギリギリ試合開始には間に合ったのに・・・

とか言いながら、第2セットも、3−3まで観てからつい居眠り眠い(睡眠)
ちょ、気がついたら第2セット終わってる!? のおぉぉぉぉorz...

ベルディヒも、サーブはそれなりに入ってるし、得意のフォアも出てるんだけど・・・
ナダルはやっぱ強い。
割と拮抗したいい勝負だったんだけど、要所要所をナダルがしっかり抑えてる。
いつの間にやら試合終了。
ナダルの2年ぶり、2回目のウインブルドン優勝となりました。

  ベルディヒ 3 5 4
  ナダル   6 7 6

セットカウントこそ3−0だけど、試合内容はホントいい勝負でした。


これでウインブルドン2010は終了となりました・・・
いやでもホント、色々あったね。
準々でフェデラーが逝ったり(おぃ 、3日間も1回戦やってたり(ファイナルセットで70−68、試合時間11時間5分)、あと日本の若手女子が頑張ったりと・・・
これからどうなるんだろう?
もし次の全米でもフェデラーがあっさり負けたりしたら・・・フェデラー時代終了のお知らせ?
なんにせよ、8月末のUSオープンが楽しみです。
錦織ぃ〜次は頑張れよぉぉ〜手(グー)

次回はもっとちゃんと更新したいなぁ・・・


↓WOWOWのテニスページ
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/
posted by 龍 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ウインブルドン2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

ウインブルドン第12日

女子の決勝!!
さぁ、勝利は誰の手に!?


<女子シングルス決勝>
セレナ・ウィリアムズ(アメリカ)VSベラ・ズボナレワ(ロシア)

なんともまぁ、やっぱりサーブ絶好調なセレナ。
ワイドにセンターにと、エースを連打。しかも重要ポイントではきっちり抑えるし。
対して、グランドスラム決勝初出場のズボナレワ。
負けずに打ち返し、出だしは両者キープを続けました。
しかし第8ゲーム、セレナがブレイク。そのまま6−3で第1セットを取ります。

第2セット。もう完全にセレナのペース。
第1ゲームからブレイクを奪い、第5ゲームでもブレイク。
結局、最終ゲームもラブゲームでキープ、6−2で決勝を制しました。

とうとう最後まで、ズボナレワにはブレイクチャンスが無かった・・・

終わってみれば、セレナは今回のウインブルドン、全てストレート・・・おぃおぃあせあせ(飛び散る汗)
しかも、サービスエースは89だって。凄・・・


と、まぁそんな試合になりました。
後は・・・そう、女子ジュニアの決勝だ。

<Jr女子シングルス決勝>
クリスティーナ・プリスコバ(チェコ)VS石津 幸恵(日本)

石津が勝てば、1969年の沢松 和子 以来41年ぶりの優勝となります。
しかし、うぅ・・・惜しかった・・・
両者セットカウント1−1で迎えた第3セット。
石津の1ブレイクアップで迎えた第7ゲーム(石津のサービス)。
プリスコバがブレイク。そのまま・・・
4ゲーム連取されちゃったよおぉぉもうやだ〜(悲しい顔)
肝心な所でのダブルフォルトが痛かった・・・
うぅ、幸恵ちゃん泣いてたよ・・・そりゃここまで来て取られたらふらふら

結局、20年ぶりのチェコ勢のジュニア優勝となりました。
幸恵ちゃん、これからも頑張って!!この悔しさをバネに!!


さて、残すは男子の決勝。
ベルディヒVSナダル。どうなる!?

(某勇者王の次回予告風に)
「これが勝利の鍵だ!!!」
   ベルディヒサーブ

サーブ次第でどうなるか分からないぞぉ。


↓WOWOWのテニスページ
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/
posted by 龍 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ウインブルドン2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

あぁ・・・もう終わる(汗

意気込んで始めたものの、結局ほったらかし・・・飽きっぽいのは困ったたらーっ(汗)
いや、試合は観てはいたけどね。

なんだかんだと、もう残り2日。
今夜は女子、明日の夜は男子の決勝です。

<女子>
セレナ・ウィリアムズ(アメリカ)VSベラ・ズボナレワ(ロシア)
4度目のウインブルドン優勝を狙うセレナ。
対するは準々決勝でクライシュテルスを破ったズボナレワ。
仕事が早上がりだから生中継で観れる♪

<男子>
トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)VSラファエル・ナダル(スペイン)
準々でフェデラーを、そして準決勝でジョコビッチを破ったベルディヒ。
現在ランキング1位、2年ぶりウインブルドン優勝を狙うナダル。どう闘う?
残念ながら仕事が遅いため、最速で帰っても、最初の1時間程は観れない・・・

今年のウインブルドンの決着はどうなる!?


↓WOWOWのテニスページ
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/
posted by 龍 at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ウインブルドン2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

ウインブルドン第3日

仕事から帰ってきて、昨日録画した試合を観てました。
やっぱ観てて楽しいですね(^^)



まずはセンターコート第一試合。
ミカエル・ロドラ(フランス)VSアンディ・ロディック(アメリカ)
どちらも、いいサーブを持った選手です。タイプは違うけど。
ロドラはスライス系、ロディックはフラット・スピン系。
第1セットから、ロドラは積極的に攻めていきます。
2ndサーブもぎりぎりを狙ってますし、ネットにもいっぱい出てます。
やっぱダブルスで活躍する人は、ネットプレーも上手いですね。
しっかし、ロドラのサーブは、すっごくワイドに逃げていきます。
ぎりぎり返しても、オープンコートにボレーされるし、上手いなぁ。
第5ゲームでロドラがブレイク、6−4でセットを取ります。
第2セットに入り、ロディックもサーブ&ボレーを使い出します。
両者キープが続き、4−4の時に、放送は他コートの様子へと・・・
んで帰ってきたら第2セット終わってるしorz...
4−6でロディックが取ったようです。
え〜と、ロドラのサーブから始まったから・・・第10ゲームをロディックがブレイクした様ですね。
第3セット、なんかロドラがめっきりおとなしくなったなぁ・・・
第4・6ゲームをロディック続けてブレイク、結局1−6でロディックのセットとなりました。
しかし第4セット、ロドラが再び動き出し、両者サーブを駆使しキープが続きます。
そしてタイブレークへ。制したのはロディックでした。カウント2−7。
  ロドラ     6 4 1 6
  ロディック  4 6 6 7
しっかし2人ともすごいなぁ。この試合、2人ともサービスエースは20本を越えてますよ。
ロドラみたいな職人サーブ打ちたいな・・・

続いてセンターコート第二試合。
エカテリーナ・マカロワ(ロシア)VSビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)
22歳が、ウインブルドン5回優勝者に挑む。
第1セット・・・ちょっち可哀相になってきたよ・・・
ビーナスは第2・4・6ゲームをブレイク、25分で0−6としちゃいました。さ、流石です・・・
第2セットに入り、マカロワも調子が出てきたのか、動きが良くなってきました。
しかし第6ゲームをビーナスにブレイクされ、万事休すか!?と思ったんですが、なんと第9ゲームで、マカロワが根性のブレイクバック! 4−5とします。
と〜ころが次の第10ゲーム、ビーナスがブレイク、4−6でもってっちゃいました。
  マカロワ   0 4
  ビーナス  6 6
第2セット、悪いペースじゃなかったんだけど・・・
やっぱビーナスは強かった。

センターコート第三試合。
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)VSテイラー・デント(アメリカ)
第1セットから互角の勝負です。
なんというか・・・デントを一言で表現すると・・・ゴツい?
いや体つきはともかく、プレイが。
230km/h代のサーブなんかポコポコ出すし、ダブルフォルトなんかなんのその、って感じ?
両者キープ続きで勝負はタイブレークへ。ここでも互角か。
結局タイブレークを7−5で制したジョコビッチ。ホントに互角だったな。
第2セット、デントにミスが増えてきます。
対してジョコビッチは徐々に動きが良くなってきました。
第2・6ゲームをジョコビッチがブレイク、6−1でセットを取りました。
第3セットも、いきなり第1ゲームでジョコビッチはブレイク。
デントもその後は粘ったんですが、最後まで取り返せず6−4でジョコビッチの勝利です。
  ジョコビッチ  7 6 6
  デント      6 1 4

ここで注目のゲームを。
前日から日没サスペンデッドで持ち越された、ニコラ・マウ(フランス)VSジョン・イズナー(アメリカ)
放送が始まった時は、ファイナルセット、ゲームカウント45−45・・・
まだやってたんかぃ!
両者譲らずの激突・・・ホントに息を呑む試合です・・・
で、59−59でまたも日没サスペンデッド、まだ続くの!?
(関係ない話題だけど、イズナーって聞くと、PS2の某防衛軍の電撃銃を連想するのは僕だけ?)

さぁ、もうすぐ第4日が始まります。
今日はセンターコートにエリザベス女王が来るんだってよ?
マレーよガンマレー、なんちてwww
posted by 龍 at 20:22| Comment(1) | TrackBack(0) | ウインブルドン2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

ウインブルドン第2日

今日の放送は、若手が頑張ってました(と僕は思います)。
本日は、日本勢5人が全員参戦!
って事でテレビにくぎづけでした。
しかし9時間ぶっ続けって、ちょっとした耐久だなあせあせ(飛び散る汗)



とりあえず、昨日放送時間切れしたジョコビッチVSロフスの結果。
結局ジョコビッチが頑張ったようです。
  ジョコビッチ 4 6 3 6 6
  ロフス     6 2 6 4 2

本日の放送第1戦は、
セレナ・ウィリアムズ(アメリカ)VSミシェル・ラルシェル デ ブリート(ポルトガル)
ディフェンディングチャンピオン 対 17歳。
第1セットですが、なんという速攻・・・
第1、第3、第5ゲームをセレナがブレイク。
22分、6−0でセレナがセット取っちゃった・・・
ラルシェル デ ブリートが、1stサーブが入らなくて苦労してました。
2ndだと、セレナがきっついアングルで返してたんで・・・
しかもセレナはサーブ絶好調。ワイドにセンターにと、すんごい打ち分け。流石です。
第2セットに入って、早速第1ゲームをセレナがブレイク。
しかしラルシェル デ ブリートも調子がでてきたのか、両者キープが続きます。
でも最後まで1ブレイクを覆せず、6−4でセレナの勝利となりました。
  ウィリアムズ        6 6
  ラルシェル デ ブリート 0 4

続いての試合、錦織 圭(日本)VSラファエル・ナダル(スペイン)
20歳 対 ランキング1位。
第1セット、錦織はなかなかに苦労させられます。
いきなり第1ゲームをナダルにブレイクされ、結局6−2でセットを取られました。
第2セットに入って、錦織も落ち着いてきたのか、両者キープ続き。
互角にいってたんだけど、第9ゲームでナダルがブレイク、6−4でナダルにしてやられます。
あ、互角って書いたけど、展開はあんまり互角じゃなかったり・・・
ナダルのサービスの第2・4・6ゲーム、全部ラブゲームキープだったんだよなぁ。
後がなくなった第3ゲーム、第1ゲームをナダルがブレイク、万事休すか?と思いつつ両者キープ。
しかし第6ゲームで錦織がブレイクバック、ヨッシャーと興奮(僕がね)。
ところがどっこい、第7ゲームでまたまたナダルがブレイクでがっかり・・・
結局そのまま6−4でやられてしまいました。
  錦織   2 4 4
  ナダル 6 6 6
ストレートではあったけど、そこまで一方的な試合でもなかったので、よかったと思う。
AIR・Kも見られたし。よく頑張った、うん(←何様だよ、僕はwww

続いて、アレクサンドラ・ダルゲルー(ルーマニア)VSクルム伊達 公子(日本)
21歳 対 最年長39歳。
第1セットは、伊達は押されっぱなしだったかな?
第2ゲームと第8ゲームをブレイクされ、6−2でダルゲルーがセットを取ります。
第2セット、気が気でなかったです。
第5ゲームを伊達がブレイク、よし!と思ったのも束の間、第6ゲームですかさずブレイクバック。
第7ゲームを再びブレイク、今度こそ!と思ったら第8ゲームでまたブレイクバック・・・
結局タイブレークまでもつれ込みます。3−7でタイブレークを制したのは伊達でした。
よし行ける!と思ったんですが、第3セットは辛そうでした。
第3・5・7ゲームをダルゲルーにブレイクされ、6−1で敗北です。
もう体力切れみたいでした・・・
  ダルゲルー  6 6 6
  クルム伊達  2 7 1
すでに試合を終えていた、添田 豪も含めて、ここまで日本勢は全滅です・・・

続けて、タマリーン・タナスガーン(タイ)VS森田 あゆみ(日本)
20歳の森田、グランドスラム初勝利を目指せ!
第1セット、放送開始が途中からだったので、既に4−4でした。お互いに1つずつブレイクしてた様です。
その後もキープが続いたんですが、第12ゲームでついに森田がブレイク、5−7で森田のセットです。
第2セットも絶好調!第2・4ゲームでブレイクを奪うと、第6ゲームで2回のマッチポイントを握ります。
このゲームではタナスガーンがキープで凌ぎました。
その後の第7ゲーム、森田キープで1−6、勝利です。
  タナスガーン  5 1
  森田       7 6
おめでとう!グランドスラム初勝利!
グランドスラム(本戦)初参戦が、2007のウインブルドンだから…3年か、よかったね。

残り日本人もあと1人、森田あゆみに続け!
マリアナ・デュケ マリノ(コロンビア)VS奈良 くるみ(日本)
若い娘対決、20歳(デュケ マリノ)対18歳(奈良)。
第1セット、開始からいい感じでした。
第1・3ゲーム、奈良のサービスゲーム、ラブゲームキープです。
続く第4ゲームでブレイクを奪います。
よし、このまま押し切れ!と思ってたら、第7ゲームでデュケ マリノにブレイクバックされました。
しかし第10ゲーム、再び奈良がブレイク、4−6でセットを取ります。
第2セット、早速第2ゲームを奈良がブレイク、よし行け!
でも第3ゲーム、速攻ブレイクバックされます。
しかし第5・6・7ゲーム、奈良は12ポイント連続奪取!!
第8ゲームも合わせると、15ポイント連続です。よーっし、マッチポイント!
第8ゲームを奈良がブレイク、2−6で森田に続きグランドスラム初勝利です。
  デュケ マリノ  4 2
  奈良       6 6


やったよ、2人も勝ったよ。
実は伊達が負けたとき、日本勢全滅を覚悟しました(←失礼極まりない
でも、ホント良かった。次の試合も頑張って欲しいです。

あ、第3日の更新ですが、明日は朝から仕事なので、今夜は徹夜で生中継見れません・・・
なので、少々遅れます。
ぢゃ、おやすみなさい
眠い(睡眠)

↓WOWOWのテニスページ
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/
posted by 龍 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ウインブルドン2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。